ひげが深い奥様の憂慮

近年では「雄化夫人」といったツイートが思い切り通じる事も手広く奥さんのダディ化が進んでいる状態ですが、殊にダディを象徴するパーツとも言える「ひげ」が濃いのが恐れという夫人が増えています。体毛に関するアンケートでは約半分近くの夫人が「ヒゲが気になる」と回答しているほどですし、それほど20代から40フィーにヒゲに関する恐れを持つ夫人が多いと言われています。

体毛に関するヒアリングの結果、ムダ毛手当てを行う体の部位の中で「顔の産毛」を脱毛しておる夫人は手広く、顔の産毛を処理する夫人の枚数は約70%にものぼります。また、奥さん職務輩は約半分が、顔の産毛の中でも特に目立ちやすい鼻の下の産毛の手当てを行っているという認証結果も出ていますから、はたらく夫人ほどしつこいひげが気になり処理してあるという事が分かります。

夫人のヒゲの恐れは産毛程度のヒゲの恐れから、ダディと同様に濃いヒゲに悩む夫人など個人差はありますが、いずれにしてもダディの中には顔を近づけたところ夫人の顔の産毛が気になる人間があまり多いですから、夫人のヒゲを見てドン引きするダディも多いかもしれません。

奥さんなのに化粧を通しても口まわりの青さが解消できないほどダディ並にひげがしつこいと、格好につき毎日のヒゲの手当てに労力できる事も多いと思いますが、自己処理だと剃刀被害や毛抜きによる肌荒れも起こりやすかったりするなど、手当て戦略を間違えれば行き詰まりがずいぶん断ち切れず恐れの渦から抜け出せない可能性もあります。そのため、近年は自己処理障碍の憂慮が少ない顔抜毛がいただけるショップやヒゲ夫人専用の剃刀などの製品による人間が増えています。詳細はコチラ