ファンデーションを塗るときのアクセント

ファンデーションは、実はファンデーションより重要なポイントです。
ファンデーションをつける術で、スキンをきれいに映るような要領を教えます。
日焼け止めを塗り終わったら、ファンデーションを直径7~8ミリ前後(パール1個取り分)を手の甲にのせ、指でなじませます。
それを両頬・額・鼻・あごにのせます。

人差し指・中指・薬指で、形相の外装にかけて分厚くならないように、小気味よいタッチで均一にのばします。
よれ易い目のあたり、小鼻は指で手厚くドローとなじませていきます。
再度ひと労力かけて、スポンジで全体的にぽんぽんとなじませます。
または、ブラシを使ってファンデーションを附ける術もあります。専用のブラシもありますよ。
このひと労力で、ファンデーションの状況が変わってきて、きれいに窺えるようになります。
また、根底の色彩選びも重要です。規制コントラストと一体になった雑貨もあるので、根底をしながら肌色を統率できます。
スキンの白いやつは、顔色をかわいく挙げるために、ピンク色系のファンデーション、もしくはオレンジ類がおすすめです。
イエローがかったスキンの方には、スキンのくすみを食するために、黄色イロハの根底、またはグリーンイロハの根底が良いでしょう。
小麦色のスキンや黒く思えるやつには、グリーンイロハの根底がおすすめです。
ファンデーションでキメのある美肌に終わりましょう。ソース